• 成人病に分類される病気

    2016年9月30日

    厚生労働省は1957年に40歳~60歳がなりやすい病気を成人病として定義しています。例えば糖尿病です。最近では子供でも発症することがありますが、糖尿病では血糖値が高くなりすぎて体がブドウ糖を十分に吸収できなくなります。インスリンは血糖値を下げるホルモンですが、糖尿病になると足りないのでブドウ糖をエネ...

    記事の続きを読む

  • 成人病予備軍とは

    2016年9月18日

    成人病は今では生活習慣病と呼ばれています。そのため成人病予備軍は、生活習慣病予備軍と言い換えることができます。この生活習慣病予備軍とは、生活習慣病に該当する病気の基準は満たしてはいないものの、同時に正常範囲は超えてしまっている人のことを指します。たとえば糖尿病の場合、現在ではその予備軍の人がおよそ7...

    記事の続きを読む